家の中に違和感がある

「自分の家なのにどこか違和感がある」と感じたことはないでしょうか?気のせいだと決めつけるのはまだ早いです。女性の勘というのは意外と当たるもの。もしかすると盗撮されているかもしれません。個人で見つけることも不可能ではありませんが専門家に調査を依頼したほうがよいでしょう。もし盗撮発見してしまったら家族に危険が迫っています。子供にはすぐにでも追跡機能のgpsを持たせましょう。

gpsの種類を比較

gpsロガー

現在いる場所を測り履歴として記録に残すgpsです。そのデータをパソコンに取り込みどのようなルートを通ったのか一目で分かるようになります。

リアルタイムgps

高精度で現在地がどこなのかリアルタイムで測定できるgpsです。スマートフォンからでも現在地が分かるので子供の安全を考えるとこのタイプが良いでしょう。

[PR]
gps発信機をカンタンレンタル
手頃価格で利用できる

子供の安全を守るには追跡機能があるgpsを活用するのが一番

地図

精度の高いgpsを活用しよう

gpsにも色々な商品があるのですが、数十メートル単位で現在地の位置がずれてしまうのも珍しくありません。どこかの施設の中にいると思ったら歩道上にいたというケースもあるのです。このように大幅に位置がずれてしまっては意味がありませんので、なるべく誤差が少ないgpsを選ぶようにしましょう。gpsの特徴に記載されたページに誤差がどのくらいあるのか記載されていると思いますので忘れずにチェックしてください。

ウーマン

バッテリーは長持ちするか

バッテリーが長持ちしないと測定中にバッテリーが切れてしまいどこにいるのか分からなくなってしまう恐れがあります。最悪の場合バッテリーが切れている状態でお子さんが犯罪に巻き込まれてしまうかもしれません。gpsを利用する際は業者からレンタルする場合が多いと思いますが、業者のサイトにどれくらいバッテリーが持つのか記載されています。それは最大でどれくらい持つのかの時間となりますので、実稼働時間の目安を確認するのが大切です。

危険から守るためには

gpsは防犯性と高めるためにとても役立ってくれます。しかしながら、gpsはあくまでも補助的なアイテムという認識をしておきましょう。gpsを子供に持たせること以外にも「夜遅くまで出歩かない」「なるべく1人で出歩かない」「知らない人に声をかけられてもついていかない」などのルールを決めることもとても重要です。

[PR]
パワーストーンを作ろう☆
身につけるだけで勇気が漲る♪

gps追跡機がレンタルできる

広告募集中